模型

マンション売却をするコツ|あなたに損はさせない

売るときの流れとは

レディ

マンションの売買契約

不動産売却では最初に不動産査定をします。中古マンションを売却する場合も同じです。マンションは経年劣化するので、購入したときよりも価値が下ります。福岡のどんな中古マンションでも不動産査定をしないと価値がわからないので、必ず査定をすることが大切です。査定は沢山の福岡の不動産会社がしてくれます。ただし、不動産会社ごとに査定基準が違うので、沢山の不動産会社に査定をしてもらうことをお勧めします。査定で不動産会社を一つに、決め、専属専任媒介契約、または専任媒介契約をします。専任媒介の場合は2週間に一回以下のマンション売却活動の報告義務があり、不動産会社もマンション売却活動を頑張ってくれます。専属専任媒介契約の場合は自分でマンション売却をするのは禁止なので注意が必要です。一度に沢山の不動産会社と媒介契約を結ぶこともできます。それを一般媒介契約といいます。一般媒介契約の場合は3社や4社の不動産会社と媒介契約ができます。沢山不動産会社と契約するぶん、いろいろな広告にマンション売却情報が載るので、沢山の福岡の人の目につきやすくなります。広告活動の結果福岡のマンションを購入する人が決まったら、売買契約を結びます。そのまえに価格や引き渡し日など重要な交渉ごとは済ませておくことが大切です。取り決めごとは重要事項説明書にまとめておきます。売買契約書と重要事項説明書の内容に売り主と買い主が同意すれば、売買契約は成立します。