定期的にピアノの調律を頼もう【楽器が長持ちする】

記事リスト

愛器が壊れた場合には

婦人

リペアに出す基準とは

普段から大切に取り扱っている楽器でも故障というものはいつ起きても不思議ではありません。簡単な故障なら自分で修理することも可能ですが、深刻なトラブルや手元に必要なパーツ類がないといった場合には修理業者に任せることになります。業者を選ぶ際の基準として一番に挙がるのが購入した楽器店に持ち込むというものです。大きな楽器店には専門のリペアマンが常駐しており、故障の原因解明や修理がすぐに終わる場合もあります。保証期間内であれば無料で修理を行ってくれるので、購入日付と購入店舗が記載された保障書は大事に保管しておく必要があります。近くに購入した楽器店がない場合には別の業者に頼むことになりますが、その際には持ち込む楽器に詳しい業者かどうか調べておく必要があります。専門外の楽器を持ち込んだ場合にはメーカー修理扱いになる場合もあり、直るまでの時間が多くかかる可能性があります。専門の業者にはメーカーが認定したリペアマンがいたり、修理に使うパーツなどを豊富に揃えているので修理を依頼してから手元に戻ってくるまでの時間が早く済みますし、かかる費用も安く済む場合があります。楽器の修理代や直るまでの期間というものはある程度の相場はあるものの業者によって様々です。修理代を出来るだけ安く抑えたい場合には複数の業者に見積もり依頼を出すのがおすすめです。修理完了までの期間やかかる値段を比べて納得のいった業者に頼むようにしましょう。

Copyright© 2017 定期的にピアノの調律を頼もう【楽器が長持ちする】 All Rights Reserved.