定期的にピアノの調律を頼もう【楽器が長持ちする】

楽器

ベストな状態を保つ

楽器の修理は、お店に楽器を持って行き点検をしてもらうと必要な日数と金額が分かります。その場で終わらない修理なら、後日自宅に配送するサービスがあります。また遠方の場合は持ち込みも配送で受け付けています。来店をする時も事前にメールで楽器の状態を連絡すれば、修理内容と金額を提示する業者もあります。

ピアノ

気になる値段

ピアノを調律する場合の料金ですが、アップライトで12000円程度、グランドピアノで15000円程度が相場となっています。ただし、前回調律から長年空いている場合には作業に時間がかかり、料金も加算される場合があります。

婦人

愛器が壊れた場合には

壊れた楽器を修理に出す際、保証期間内であれば無料で修理を受けられる場合があるので購入した店舗に持ち込むのが良いでしょう。その他の場合には修理する楽器を専門に扱っている業者に頼むとかかるコストを安く抑える事が出来たり、直るまでの時間が短く済むのでおすすめです。

記事リスト

ピアノ

少しの移動も業者に依頼

ピアノはとても繊細な楽器です。少しの移動だけであっても振動で音が変わってしまうこともありますので、専門業者に依頼をしたほうがよいです。人気の調律業者としては、インターネットで依頼ができネット割引がある業者です。

楽器を持つ雪だるま

実力を引き出すために

楽器のポテンシャルを引き出すためにはコンディションを保つことが大事です。トラブルが起きた時には専門の業者に修理を依頼すると安心感があります。その他にメンテナンス目的にも活用できるので長年使っていなかった楽器を使用するときは一度見てもらうのをおすすめします。

定期的にメンテナンス

演奏する人

どのくらいの頻度がいいか

ピアノを購入したら、忘れていけないのが調律です。時間が経過していくと購入した時と比べて音が変化してしまうのです。一度変化してしまった音を正しい音にするためには調律が必要になります。音を合わせるのには、素人には難しいですから業者に頼んでプロの調律師に自宅に出張してもらって合わせてもらうのですが、当然お金もかかります。子供にピアノを習わせているにもかかわらず、お金がかかるのが嫌という理由でメンテナンスをしないままでいると、子供が演奏するときに間違った音感身についてしまう恐れがありますので、定期的なメンテナンスは必要なのです。それから、ピアノは使わずにそのまま放置していても音が変わってしまうだけでなく、寿命も縮まってしまいます。長年放置すると弦は緩んでくるのですが、それを急に調整すると傷んでしまったり、切れてしまうこともあるのです。そうなると、修理に時間と費用がかかることになり、定期的に調律をしておいたほうが費用も安かったということにもなりかねないのです。定期的といってもどのくらいの頻度でピアノの調律をすればよいのか、それは購入したばかりである場合、まだ弦が馴染んでおらず張力の変化が激しいので年に数回は実施した方がよいです。それを繰り返していくと、弦が馴染んでくるため張力の変化も少なくだんだん落ち着いてきますので、それからは最低でも年に1回調律を行います。ただ、環境の変化や衝撃など予期せぬことでピアノの音が狂うこともありますので、音がおかしいと感じたらすぐに調律するのがよいです。

Copyright© 2017 定期的にピアノの調律を頼もう【楽器が長持ちする】 All Rights Reserved.